phpenvで複数バージョンのPHPを切り替える

まず初めに・・・

rootでやっちゃってますが やめておいた方がいいです。(ぉぃ

 

■ phpenv インストール

# mkdir -p repos/git
# cd repos/git
# git clone https://github.com/CHH/phpenv.git
# cd phpenv/bin
# ./phpenv-install.sh

++++++++++++++++++++++++++++++
Installing phpenv in /root/.phpenv
remote: Counting objects: 2079, done.
remote: Total 2079 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 2079
Receiving objects: 100% (2079/2079), 353.90 KiB | 219 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (1266/1266), done.
Success.

export PATH=”/root/.phpenv/bin:$PATH”
eval “$(phpenv init -)”

Add above line at the end of your ~/.bashrc and restart your shell to use phpenv.
++++++++++++++++++++++++++++++

# vi /root/.bashrc
++++++++++++++++++++++++++++++
export PATH=”/root/.phpenv/bin:$PATH”
eval “$(phpenv init -)”
++++++++++++++++++++++++++++++

# source ~/.bashrc

 

■ php-build をインストール

複数のPHPを入れれるあれです。 あれ。 インストールってより設置なのかな・・。

# git clone https://github.com/CHH/php-build.git ~/.phpenv/plugins/php-build

PHPを入れる前の下準備します。

# yum install gcc bison libxml2 libxml2-devel openssl-devel libcurl-devel libjpeg-turbo-devel libpng-devel libmcrypt-devel readline-devel libtidy-devel libxslt-devel mhash mhash-devel

設定を変えたければこの辺りを弄る
#vi /root/.phpenv/plugins/php-build/share/php-build/default_configure_options

–with-apxs2=/usr/sbin/apxs
を追加しないと、Apache のlibphp5.soが作成されないので CLIを動かせない。

GDライブラリの関数で TrueTypeフォントを使う場合(例えばimagettftext())、利用するためにはFreeType(freetype2とfreetype2-devel)をインストールが必要。
そのパスを–with-freetype-dirで指定する。

例えば、freetype.hが/usr/include/freetype2/freetype/freetype.hにあるならば、–with-freetype-dir=/usrとする。

バージョン毎の設定を弄る

今回はPHP5.3.29を入れる際に、cgi版と一緒にCLIを入れる事ができないとエラーが出たのでその対応です。

#vi /root/.phpenv/plugins/php-build/share/php-build/definitions/5.3.29
・ オプションを追加する
configure_option “–enable-pcntl”

・オプションを外す
configure_option -D “–enable-cgi”
configure_option -D “–enable-fpm”

■ インストールは次のページへ。